【最強】マネーマシンにおすすめの投資信託・ETF・高配当銘柄

悩んでいる人

自動でお金が入ってくるマネーマシンを作りたいけど、何を買ったらいいか分からないな……

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • 【最強】マネーマシンにおすすめの投資信託・ETF・高配当銘柄
  • 【利回り8%以上】お金を増やすならS&P500、NASDAQ100も高パフォーマンス
  • マネーマシンはNISA口座で作るのがおすすめ

この記事は2018年から投資を始めてマネーマシンを構築し、2020年にFIREした私が書いています。

この記事を書いている人
頭を抱えている人ふたがわ(♀)
投資で月40万のキャッシュフローを得て2020年にFIRE。
現在は金融資産2700万円。
大家業&株式投資をしつつブログを書いています。
FP・簿記の資格を保有。

不労所得推移

運用年 不労所得 家賃収入(利益) 配当金 トラリピ&トライオート Blog
2018 716,312 716,312 0 0 0
2019 3,212,055 3,212,055 0 0 0
2020 3,615,479 3,612,347 3,132 0 0
2021 4,736,597 4,594,711 19,899 50,157 71,830

【最強】マネーマシンにおすすめの投資信託・ETF・高配当銘柄

【最強】マネーマシンにおすすめの投資信託・ETF・高配当銘柄

この記事では日々マネーマシン作りに励む私のおすすめする銘柄を紹介します。

条件

分配金として定期的に配当があること
ですので、価格が右肩上がりで売買差益による収益が見込める銘柄などは今回入れておりません。
ふたがわ
S&P500などがそれに当たりますね。

投資信託3選

マネーマシン作りにおすすめの投資信託は以下の3つ。

  1. GS米国成長株集中投資ファンド 年4回決算コース
  2. アライアンス-アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信D毎月H無予想分配金提示
  3. 岡三-米国連続増配成長株オープン(3ヵ月決算型)

選択の基準は以下の通りです。

  • 分配金利回りが高い
  • 基準価格・総資産額が下落していない
ふたがわ
投資信託は分配金を出すために資産から捻出し、総資産が目減り(=基準価格も下落)していく投資信託も多いのですが、そういった銘柄を避けるために基準価格・総資産額をチェックしています。

投資信託のメリット・デメリット

投資信託をマネーマシンとして考えている方は、以下のメリット・デメリットを押さえておいてください。

メリット

  • 少額からマネーマシンを作ることができる
  • リスク分散することができる

デメリット

  • 信託報酬がかかる
  • 分配金を出す際に基準価格が上がっていない場合は、元本取り崩しの形で支払われる。

①GS米国成長株集中投資ファンド 年4回決算コース

分配金:年4回
分配金利回り:34%(2021年12月時点)
買付手数料:無料
信託報酬:2.0075%
ゴールドマンサックスが運用する米国中心の企業に投資する投資信託です。
ふたがわ
分配金を出す投資信託は信託報酬が高めに設定されているのがネックですね。
GS米国成長株集中投資ファンド 年4回決算コース

資産構成

GS米国成長株集中投資ファンド 年4回決算コース
ふたがわ
基準価格も横ばいですし、構成銘柄も高成長の優良企業で構成されているので、堅実かと思います。

②アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信D毎月H無予想分配金提示

分配金:毎月
分配金利回り:27%(2021年12月時点)
買付手数料:無料
信託報酬:1.727%
こちらも基準価格が下がっておらず、分配金利回りが27%(2021年12月時点)と高めの銘柄です。
ふたがわ
GAFAが上位を占めているのが特徴ですね。

岡三-米国連続増配成長株オープン(3ヵ月決算型)

分配金:年4回
分配金利回り:31%(2021年12月時点)
買付手数料:無料
信託報酬:1.595%

連続増配している企業に分散投資できる投資信託です。

ふたがわ
個別株で高配当銘柄を探す時も、「連続増配」はキーワードになります。

この投資信託は、そんな連続増配の投資信託を集めたもの。

ふたがわ
基準価格に小さな波はあるものの、横ばいできているので価格変動をあまり気にせず分配金を受け取れると思います

マネーマシンにおすすめのETF3選

続いてはETFです。

おすすめは以下の3銘柄。

  1. HDV(iシェアーズ・コア高配当ETF)
  2. VYM(バンガード・ハイディビデンドイールドETF)
  3. SPYD(SPDRポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF)
いずれも米国株のETFですね。

選択の基準は以下の通り。

  • 分配金利回りが高い
  • チャートが長期的に右肩上がり
  • 経費率が低い(低コスト)

ETFのメリット・デメリット

メリット

  • 低コストでマネーマシンを作ることができる
  • リスク分散することができる

デメリット

  • 購入するのが数万円〜

HDV(iシェアーズ・コア高配当ETF)

分配金利回り:3.44%(2021年12月時点)
経費率:0.08%

ETFでは世界最大の資産を誇るブラックロックが運用するETFです。

ヘルスケア・エネルギー・生活必需品をメインに75の銘柄に投資しています。

VYM(バンガード・ハイディビデンドイールドETF)

分配金利回り:2.72 %(2021年12月時点)
経費率:0.06%

バンガード社が提供しているETFです。

保有銘柄は金融・ヘルスケア・生活必需品・テクノロジー・資本財など、約400社に分散投資されています。

分配金利回りはHDVよりも劣るものの、広く分散投資できリスクヘッジの点からもおすすめの銘柄です。

SPYD(SPDRポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF)

分配金利回り:4.98 %(2021年12月時点)
経費率:0.07%
こちらはステートストリート社のETFで、不動産・金融・公益事業をメインに投資しています。
ポイントは、S&P500社の中から高配当銘柄80銘柄に均等に投資していること。

そもそもS&P500とは?

アメリカの優良企業500社のパッケージされたものと思ってください。
しかも毎年入れ替えられるので、常に優良企業で構成されるチート指数です。
ふたがわ
こちらも高い利回りと成長が狙えるおすすめ銘柄です。

マネーマシンにおすすめの高配当銘柄3選

個別株の高配当銘柄をご紹介します。

  1. JT【5.99%】
  2. ホーム・デポ【1.59%】
  3. ロッキード・マーチン【3.25%】

※配当利回りは2021年12月時点

①JT(日本たばこ産業)【配当利回り5.99%】

たばこ関連銘柄は高い配当が見込める高配当銘柄です。

選んだ理由

  • 配当利回りが高い
  • 下落基調だったが、一旦底を打った印象

たばこは「吸うとお金がかかるけども、株を買うとお金をもらえる」ものです。

ふたがわ
どうせなら、お金をもらう側に行った方が良いと思いませんか?
※注意点
時代の流れ的には縮小産業なので、業績悪化、株価の値下がりには要注意です。

②ホーム・デポ【配当利回り:1.59%】

ホーム・デポは、投資家のエルさんが最強の10銘柄として紹介している米国株の1つ

DIY製品の小売企業です。

選んだ理由

  • ROEが高く高成長を見込める。
  • 株価が長期的に右肩上がり
  • 今は配当利回りは低いが、早い段階で買っておけば元金に対して5%以上を狙える

ホーム・デポ

利回りはあまり高くありませんが、株価は長期で右肩上がりとなっていますので、今後の値上がりと、配当利回りの増加が見込めます。

Amazonが対等してきても、米国ではDIY需要が根強く、ホーム・デポでは経験豊富なスタッフのアドバイスを聞けるという強みがあるため、業績を伸ばしています。

③ロッキード・マーチン【配当利回り;3.25%】

こちらもエルさんの最強の10銘柄の1つ。

セキュリティや軍用機の企業です。

選んだ理由

  • ROEが高く高成長を見込める。
  • 株価が長期的に右肩上がり
  • 今は配当利回りは低いが、早い段階で買っておけば元金に対して5%以上を狙える

ロッキード・マーチン

利回りも高く、着実に売上を伸ばしておりチャートも右肩上がりです。

ふたがわ
高配当銘柄にはチャートが右肩下がりのものも多いので、必ずチャートは確認するようにしてください

私は含み損で凹みたくないので、株価の値上がりも見込める銘柄を紹介しました。

マネーマシンとしてJREITもアリ

JREITと呼ばれる不動産投資信託もマネーマシンとしてアリです。

ふたがわ

分配金利回り4〜5%以上の銘柄も多いので、安定した利回りが狙えます。

J-REITの選び方

  • 分配金が出続けている
  • 配当の時期が自分に合っているものを選ぶ

おすすめ銘柄

  • 野村不動産マスターファンド【3.93%】

野村不動産マスターファンド

コロナ禍でも需要が減らなかった(むしろ拡大した)物流施設の割合も高く、リスク分散がされています。

野村不動産マスターファンド

かつ、分配金も安定して出ており、今度の安定した利回りも期待できます。

お金を増やすならS&P500、NASDAQ100もおすすめ

お金を増やすならS&P500、NASDAQ100もおすすめ

マネーマシン作りにはS&P500やNASDAQ100などのインデックス投資信託はおすすめしていませんが、お金を増やす目的ならばおすすめです。

その理由は、過去30年の年平均リターンがS&P500は8%、NASDAQ100は12%を超えており、高いリターンを見込めること。

また、米国は今後も世界経済をリードしていくことが予想されるからです。

ふたがわ
GAFAもそうですが、新興企業も出やすい風土がある上、ドルは世界の基軸通貨ですから市場を世界に広げて拡大しやすいというのが最大の強みですよね。
私自信、2019年くらいから少し買っていたのですが、大きくリターンを得られています。
2021年から買ったこちらの投資信託も増えていますね。
S&P500

マネーマシンはNISA口座で作るのがおすすめ

マネーマシンはNISA口座で作るのがおすすめ

マネーマシンのおすすめの作り方はNISA口座を活用した作り方

なぜなら、配当金に20.315%の税金がかからないからです。

NISA口座でマネーマシンを作る方法

  1. NISA口座を解説する
  2. 年間120万円分の投資信託・ETF・銘柄を買う
  3. 配当金を受け取る
  4. 5年経ったらロールオーバーする
※ロールオーバーとは?
NISAの非課税期間は5年間なので、終了時にNISA非課税投資枠で保有している金融商品を翌年のNISA非課税投資枠へ移すこと
年間120万円分しか作れないのがネックですが、まずは初期資金をそこに投資し、余剰資金があれば特別口座で作りましょう。

マネーマシンにおすすめの証券口座

取り扱っている銘柄数がそこそこある証券口座ならどこでもよいですが、SBI証券楽天証券が銘柄数も多く手数料も安いのでおすすめです。

ふたがわ
私の場合はSBI証券にNISA口座を作っています
SBIは1株単位の売買もできるので個別株もやってみたい方にもおすすめ
楽天証券は積立投資で1%の楽天ポイントが得られるので楽天経済圏の方におすすめ

まとめ:マネーマシンは100円から構築可能。サクッと一歩を踏み出そう。

この記事の内容は以下の感じです。

・マネーマシンにおすすめの投資信託
①GS米国成長株集中投資ファンド 年4回決算コース
②アライアンス-アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信D毎月H無予想分配金提示
③岡三-米国連続増配成長株オープン(3ヵ月決算型)
・マネーマシンにおすすめのETF
①HDV(iシェアーズ・コア高配当ETF)
②VYM(バンガード・ハイディビデンドイールドETF)
SPYD(SPDRポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF)
・マネーマシンにおすすめの高配当銘柄
①JT【5.99%】
②ホーム・デポ【1.59%】
③ロッキード・マーチン【3.25%】
・J-REITもマネーマシンにおすすめ
・マネーマシンは非課税のNISA口座で作るのがお得

投資信託では最低100円からマネーマシンを作ることが可能です。

1円でも「自分が働かずに手に入れたお金」を持つことは超重要。

なぜなら、不労所得が振り込まれるのを見ると、ガラリと景色が変わるからです。

「お金は働いて得るもの」から「お金は工夫して得るもの」に概念が変わるのです。

-PR-