【LINE証券キャンペーン】3株無料でもらって現金化する手順

【LINE証券キャンペーン】3株無料でもらって現金化する手順

悩んでいる人
株を始めたいけど損するのが怖い……

そんな方にオススメなのが、LINE証券。

今ならキャンペーンで3株、最大4000円分の株が無料でもらえます。

ふたがわ
つまり、口座を開くだけで3株もらえるってこと

その株は売ろうが保有しようが自由なので、すぐに売って現金化することも、値上がりを待って利益確定することもできます。

作業自体は5分程度で完了するので、サクッと小遣い稼ぎしたい方におすすめです。

LINE証券を開いて3株もらって現金化する手順

事前に用意するもの

  • マイナンバー通知カード+運転免許証
  • マイナンバー個人番号カード
  • マイナンバー入りの住民票の写し+運転免許証or健康保険証

3株もらうステップ

  1. キャンペーンにエントリー
  2. 口座開設(作業5分、開設に2日)
  3. クイズに答えて2問正解する
  4. 好きな銘柄を3株もらう
  5. 売却すると現金化(保有してもよし)
ふたがわ
クイズの部分は謎なのですが、めちゃくちゃ簡単なクイズでした

私が開いた時は上限3000円だったのですが、今はお小遣い上限4000円まで上がっているので、今から開く方がうらやましいです。

キャンペーンにエントリーしないと3株もらえないので、忘れずにエントリーしてください。

 

3株キャンペーンのおすすめ銘柄

選べる株は時期によって違うので、具体的に銘柄をおすすめすることはできないのですが、株式投資初心者は以下の基準で選ぶのが良いと思います。

評価額が一番高い

もらってすぐに売ることで、最も多くの現金が手に入ります。

ふたがわ
そもそも与えられた銘柄の中でどの銘柄が上がりそうか……なんて中級者でも難しいです。

配当利回りが高い

長期保有する場合は、配当金を目当てにしても良いでしょう。

私は口座開設のあと、余っていたポイントでりそなホールディングスを買ったのですが、配当金が振り込まれていました。

金額的には微々たるものですが、立派な「不労所得」です。

最初の一歩を踏み出すのは大事。

ふたがわ
配当利回りは「銘柄名 配当利回り」でググれば出てきますよ。

気になる銘柄、勉強したい銘柄

私の場合は、あえて個別株で自分が狙わない業種をもらいました。

具体的な銘柄は三菱ケミカルですね。

LINE証券実績210810

こんな感じで含み益1000円ほど出ています。

ふたがわ
IT出身なのでIT系の成長株には強いのですが、大手素材系なんかはどうもピンとこず……

保有すれば自然とウォッチするので、強制的に視野が広がります

LINE証券のメリット・デメリット

続いてLINE証券を使っていて実感するメリットデメリットをお伝えしていきます。

メリット

スマホで使いやすい

LINEアプリから証券口座が見れ、銘柄選定〜売買まで行うことができます。

ふたがわ
ガッツリとデイトレとかは難しいですが、ライトに株式投資を始めるのにピッタリです。

投資信託100円〜、株式1株数百円〜の少額取引が可能

特に単元未満株(1株での取引)が嬉しいです。

ふたがわ
本当にLINE証券は小銭を投資していくのにピッタリです。

LINE PayやLINEポイントを使って投資が可能

お金を使わずとも、LINE PayやLINEポイントを使って投資信託・株の投資ができます。

ふたがわ
1株投資と組み合わせると、余ったポイントで気になる銘柄が買えるので、おすすめです。

株のタイムセールをやるので安く買えることも

タイムセールで安く買って翌日売れば、かなりの確率で利益を得ることも可能です。

ふたがわ
LINEアプリでお知らせが来るので、タイムセールにも気づける仕組みも完璧。よくできています。

以上が、使っていて実感したメリットです。

正直、LINE証券のおかげで投資をより生活に組み込むことができました。

ふたがわ
電車に乗っている時など、余ったポイントで投資信託を買ったりしています。

デメリット

NISAは利用できない

LINE証券は現在のところ、NISA口座には対応していません。

NISAならSBI証券、積立NISAなら楽天証券がおすすめです。

理由は、SBI証券は買える銘柄の種類が豊富で手数料も安いから。
また楽天証券でクレジット決済で積立すると、ポイントが1%もらえるからです。

1株の場合はスプレッドという名の手数料がかかる

1株の手数料は無料ですが、スプレッドがついています。

スプレッドとは、実際の株価との価格差のこと。

とはいえ、他の証券会社の手数料と比べても高くはない設定なので、1株単位の売買ならばLINE証券はおすすめですね。

数百株単位で売買するなら、SBI証券楽天証券がおすすめです。

ふたがわ
LINE証券はあくまで少額投資をするのにおすすめです

LINE証券はこんな人に向いている

  • 株式投資を始めたい人
  • 無料で3株欲しい人

とりあえず3株欲しい人は開いときましょう(笑)

ふたがわ
私のパートナーもとりあえずで開いてユーグレナ3株もらいました

証券会社ごとの手数料比較

最後に、手数料の比較を載せておきます。

投資信託手数料

証券会社 投資信託本数 手数料
LINE証券 30本 全ての投資信託の購入手数料が無料
SBI証券 2698本 1349本の購入手数料が無料
楽天証券 2694本 全ての投資信託の購入時手数料が無料
松井証券 1183本 全ての投資信託の購入時手数料が無料
マネックス証券 1130本 600本以上が購入手数料が無料
LINE証券の投資信託は本数がめっちゃ少ないのですが、eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)など、抑えるべき銘柄は抑えられているので、初心者は迷わなくていいかもです。
選べる銘柄が多けりゃいいってもんじゃありません。
ふたがわ
正直、投資信託って数が多すぎて、私も初心者の頃は何を買っていいか分かりませんでした。

私自身、投資を勉強した今では、eMAXISのS&P500と全世界、それからiFreeのナスダック100がメインの積み立て銘柄です。

個別株手数料

証券会社 5万円 10万円 50万円 100万円
LINE証券(買い)
LINE証券(売り)
0円
99円
0円
176円
0円
484円
0円
869円
SBI証券(1約定制) 55円 99円 275円 535円
SBI証券(1日定額制) 0円 0円 0円 0円
楽天証券(1約定制) 55円 99円 275円 535円
楽天証券(1日定額制) 0円 0円 0円 0円
松井証券(1日定額制) 0円 0円 0円 1100円
マネックス証券 110円 110円 495円 1100円

LINE証券での個別株の売買手数料は、購入に関しては金額にかかわらず0円。

売却時に手数料がかかる形です。100株単位で売買するならSBI証券楽天証券Sで1日定額制で売買するのがおすすめです。

1株手数料

証券会社 手数料 最低手数料
LINE証券(買い)
LINE証券(売り)
日中スプレッド0.05%
夜間スプレッド0.5%
SBI証券 0.5% 50円
SMBC日興証券 購入0円 売却0.5%(100万円以下の場合)
マネックス証券 0.5% 48円
ふたがわ
LINE証券はスプレッドが入るとはいえ、他の証券会社の手数料と同等かそれ以下ですね。

1株単位の売買手数料が最も安いのはSMBC日興証券ですが、ポイントを使えるなど、利便性を考えるとLINE証券に軍配が上がります。

まとめ:とりあえず3株もらって投資家デビューが吉。

キャンペーンにエントリーして口座開設すれば3株もらえるので、サクッと作業してもらっておくのが吉です。

ふたがわ
本当にお得なので、私は友人には絶対おすすめしてますね。
他の証券会社で投資を始めている方も、現金化すれば投資信託なり別のものに投資できるので、とりあえず開いておくのがおすすめです。
関連記事

悩んでいる人 個別株を始めたいけど、探し方がわからない。 個別株はリスク高いイメージだけど、初心者はどうやって探し始めたらいいのかな?   こんな疑問に答えます。 本記事の内容 […]

関連記事

悩んでいる人 投資を勉強したいけど、何から勉強したらいいかわからない…… 本も沢山ありすぎて何から読めばいいのか迷うし、セミナーは怪しいのがあるって聞いて怖いなあ こんな悩みに答えます。 本記事の内容 […]

超初心者が投資を勉強する最速の方法【経験談】
-PR-