働きたくないし、家にいたい人のための生き方講座ー好きなだけ寝る生活

働きたくないし、家にいたい人のための生き方講座ー好きなだけ寝る生活

悩んでいる人
働きたくない……家にいたいよ〜。
外に出たくない〜。

こんな悩みに答えます。

本記事の内容

  • 働きたくないし、家にいたい人のための生き方講座ー好きなだけ寝る生活
  • ゴールは「幸せになる」こと
  • 働かずに生きる方法3選
  • 働かずに生きてみた感想

この記事を書いている私は、2020年に会社を辞めて、今は遊びに行く時以外は家にいる生活をしています。

この記事は働かずに家にいたい人に向けて、その生活の実現方法やその際の大事なポイントを書いていきます。

働きたくないし、家にいたい人のための生き方講座ー好きなだけ寝る生活へ

家の中

「働きたくない、家にいたい」は体と脳のサインかも?

もし今あなたが、「働きたくない、家にいたい」と強く思って日々を過ごしているのなら、もしかしたらそれは「生き方」を変えるタイミングかもしれません。

ふたがわ
私の場合はそうでした。

体と脳が「この生き方無理です、限界です」とSOSを出していたので、会社を辞め、今は投資とブログで暮らしています

好きなだけ寝てもいい(むしろ寝るべき)

この記事を読んでいるあなたにお聞きします。

最近、1日に何時間寝ていますか?

なぜこんなことを聞くかというと、「働きたくない、家にいたい」と思ってしまう背景に、単純に過労や睡眠不足もあり得るからです。

そもそも日本人の睡眠時間は短すぎます。

日本人の平均睡眠時間は約6.5時間なのに対し、アメリカ人やイギリス、オランダ人は約8.5時間です。

『スタンフォード式 最高の睡眠』によると必要な睡眠時間を実験すると8.2時間だったそうなので、日本人の6.5時間は明らかに足りていません。

ふたがわ
私もかつては6時間睡眠でしたが、8時間以上眠るようにしてから体調が良いです。

体に合っているのは晴耕雨読の生活

「晴耕雨読」と言われるように、もともと日本人は晴れたら農作業、雨なら家で縄を編んだりする生活をしていました。

今のように、雨だろうと台風だろうと毎日同じ時間に通勤しなければいけない生活スタイルが、人類史上初めての異常事態なんです。

そもそも雨の日は哺乳類が活動するのに適していないのか、低気圧で体調が悪くなる人が多いですよね。

ふたがわ

うちの猫も雨の日はずっと寝ています。

どんな日でも、毎日通勤して8時間以上働く生活。

そんな生活には体が悲鳴をあげて当然です。

ズル休みしよう

「毎日働く」というのが異常事態なのに少しでも納得いただけたなら、晴耕雨読の生活、つまり「休める生活」にシフトしていく練習をしましょう。

ここでいきなり退職は勧めません。

セミリタイア・アーリーリタイアには軍資金が必要ですし、退職後にどんな生活を実現していないか明確でないままスタートすると、失敗する恐れがあるからです。

ですからまずは会社員でいながら、晴耕雨読にシフトしていきます。

というわけで、ズル休みできるようになりましょう。

ズル休みするには、いつでも休めるようにしておくことが重要になってきます。

私は以下の方法で、いつでも休める環境を作っておきました。

・業務のスケジュールはデフォルトで前倒しスケジュールで動いておく
・自分がいなくなった時に急な業務を代行できる味方を1人つくっておく

なぜ「働かずに生きていく方法」を解説する前に、「ズル休み」について語るかと言うと、「いつでも休める」はかなり重要な要素だからです。

経験論ですが、「休める自由」が人間のストレスに与える影響は大きいです。
ふたがわ
「いつでも休める」環境ならば、私は今も会社員をしていたかもしれません。

昇進して管理職になり「いつでも休める」状態じゃなくなったので、会社を辞めたと言っても過言ではありません。

それくらい重要なので、会社員のうちから「休む自由」の獲得をおすすめします。

ゴールは「幸せになる」こと

地図と冒険に必要な道具

さて、実際に「働かないで、家にいて」生きていく方法の解説をしていきます。

結論は「働かないで生きていくのは全然実現可能」なのですが、大事なポイントは別にあります。

「ゴールを設定すること」です。

「働かない」は手段です。

ゴールを設定しないで、手段を決めることはできません。

では、どんなゴールを設定するか。

一言で言うと「自分が幸せになるゴール」です。

幸せじゃないと意味がない

会社員時代に「幸せ」について考えるキッカケがありました。

ある日、同僚がこんなことを言ったんです。

「夢が叶ったけど、幸せじゃない」

その同僚の夢は、自分が関わったシナリオがアニメ化されることでした。

ふたがわ
過去に関わったゲームがアニメ化されたのですが、全然幸せじゃなかったそうです。

私もそれまで、夢が叶ったら幸せになれると思っていました。

でも、その件がキッカケとなり、私は「夢と幸せは別」と気がつきました。

ちなみに「成功と幸せも別」です。

「成功したら幸せになれる」と多くの人が信じていますが、真実は異なります。

その後の生活が「幸せにつながるものかどうか」で変わってきます。

幸せは「出来事」が決めるのではなく、「生活」が決めます。

何をしている時が幸せか?

あなたは何をしている時が幸せですか?

その時間が長い生活を設計した方が、幸福な人生だと思いませんか?

『幸福優位7つの法則』によると、人間の幸福度を上げる行動は以下です。

・運動をする(快楽物質エンドルフィンが出る)
・何かを楽しみにする
・意識して人に親切にする
・瞑想する
・ポジティブな感情が生じやすい環境をつくる
・お金を使う
(モノを買った時のポジティブ感情は短期的だが、経験、特に他の人と共有する経験に使った場合は、ポジティブ感情が長続きする)
・固有の強みを発揮する
『幸福優位7つの法則』より

これとは別に、私の経験から言える幸福度が高い状態は以下の通り。

【幸福度の高い状態】
・何かに夢中になっている
・好奇心を満たす行動が取れる
・人生を自分で決定できている
・自分の成長を感じられる
・インプット、アウトプットの両方をしている。
・家族や仲間、友達との繋がりがある

このリストを作った感想は「これだけ?」でした。

ですが、何度見返してもそう。

ふたがわ

この条件を満たしていたら、私は幸せなんです。

だから、不動産投資をして自分のベーシックインカムを作り、退職してブログ運営に専念する、という決断をしました。

ブログを運営するにはインプットとアウトプットが欠かせませんし、自分の成長を感じられますし、好奇心を満たせますし、夢中になれますし、家で書いているので家族とも触れ合えますし、自由時間が多いので友達とも遊べます。

控えめに言って最高です。

大事なので何度も言いますが、夢や成功と幸せは別です。

成功した人生と幸せな人生、どっちが良いですか?

私は幸せな人生を取りました。

一度、自分が幸せな状態はどんな状態か、書き出してみてください。

自分の幸せに何が必要か明確になれば、人生が変わります。

自分が幸せになれる理想の暮らしを書き出す(ライフデザイン)

ノートとペン

自分の幸せな状態がどんな状態か把握できたら、それを実現できる理想の暮らしをデザインしましょう。

私の場合はこんな感じでした。

・不動産投資で不労所得をつくる=休みたい時に休める生活
・ブログで収益の柱を作ることを頑張る=夢中になること、好奇心を満たす
・自然の豊かな場所に暮らす
・妊活をする=家族計画

2017年に不動産投資の勉強を始めて、2018年にマンション賃貸開始、さらにアパート購入、2019年に2棟目のアパート購入、2020年ブログを開設し、そして会社を辞めました。

妊活が東京でしかできないので、自然豊かな場所には移住できていませんが、移住も数年以内には実現予定です。

働かずに生きていく方法3選

働かずに生きていく方法

さて、「自分の幸せ」とそれを実現する「理想の暮らし」には、「働かないこと」が必要ならば、今からそれを実現していきましょう。

働かずに生きていく方法は沢山ありますが、ざっくり分けると3種類に分かれます。

①住居費/生活費の安い地域に移住

ブロガーのマナブさんはタイのバンコクで月5万円で生活していますし、『自作の小屋で暮らそう─Bライフの愉しみ』の高村友也さんは国内ですが月2万円で生活しています。

自分のライフコストを下げると選択肢が広がり、一気に生きていくのが楽になります。

例えば月2万円ならば500万円くらい金融資産があれば年利5%で運用すれば配当金だけで生きていけますし、貯金がなければ月2回の単発バイトをすれば生きていけます。

②不労所得を得る

世の中のセミリタイア・アーリーリタイアする人たちの中では不労所得を得てリタイアする人が最も多いでしょう。

不労所得として代表的なものは、不動産投資での家賃収入株式投資で配当収入を得る方法です。

ふたがわ
実際、私自身も不動産投資をしてリタイアしましたが、毎月安定した収入があると人生の選択肢が増えます。
生活費を下げている方も投資で不労所得を得ている人は多いですし、「働かない暮らし」を実現するためには投資は必須だと言えるでしょう。

③苦じゃないことで稼ぐ

「働きたくない」と思っていても、その気持ちを深掘りしてみると、「すべての仕事が嫌」なわけではありません。

仕事全部が嫌なのではなくて、会社に行くことが嫌だったり、接客が嫌だったりと、特定の何かが嫌なだけなのかもしれません。

私の場合、「働きたくない」を深掘りすると、以下のような感じでした。

・合わない人と一緒に仕事したくない
・長時間労働は嫌
・通勤も嫌
・自分のペースでやりたい

ですので選択として、会社員という働き方を辞め、今は開業して個人事業主をやっています。

一度、自分の「働きたくない」を深掘りして、何が嫌なのか明確にしてみることをおすすめします。

避けるべき要素を取り除くとストレスフリーな人生をデザインできます。

働かずに生きてみた感想

まだ会社を辞めて5ヶ月目ですが、今のところ辞めて大正解!という感じです。

ふたがわ

家にいる生活を始めた当初はかなり疲れていたので、基本的に寝たりゴロゴロしたりしていました。

それくらい睡眠負債が溜まっていたんだと思いますし、体が休みを必要としていたのでしょう。

そして、今はだいぶん休めましたので、自分の理想の生活をしています。

毎朝起きて、散歩をして、出汁から味噌汁を作って、朝ごはんを食べて、ストレッチをして、ブログを書いて、午後はアパートの工事をしたり図書館に行ったり読書をしたりと自由な過ごし方です。

最近はブログでも稼げてきましたし、自分の成長も感じつつ、好奇心も満たしつつ、幸せな生活を送っています。

ですが、リタイアしても孤独感を感じたり、やりがいを失って失敗してしまう人も実際にいます。

ですので、記事の最初にも書いたように、「ゴールを設定」をやってください。

自分が幸せになるところにゴール設定をして、戦略を練るのが大事です。

まとめ

この記事は以下の感じです。

  • 「働きたくない、家にいたい」は体と脳のサインかもしれない。
  • 好きなだけ寝る生活へシフトする。
  • 体に合っているのは晴耕雨読の生活
  • ズル休みから始める「自由に休める生活」
  • 「働かない暮らし」の前の重要ポイント=ゴールは「幸せになる」こと。
  • 幸せじゃないと意味がない
  • 何をしている時が幸せか?
  • 自分が幸せになれる理想の暮らしを書き出す(ライフデザイン)
  • 働かずに生きていく方法①生活費の安い地域に移住する②投資で不労所得③苦じゃないことで稼ぐ
  • 働かない暮らしは大正解。苦じゃないことで稼ぎつつ、幸せに生きる

自分の適性を知りたい方におすすめのリンク

働きたくない方のおすすめ記事

投資に興味がある方におすすめの記事

悩んでいる人 投資の勉強をしたいけど何から始めたらいいか分からない。 下手に始めると騙されたり損したりっていうイメージもあるんだよなあ…… こんな悩みに答えます。 本記事の内容 投資[…]

投資の基礎を最速で学ぶ方法
-PR-