働きたくない

働きたくない時はまず休もう。【生きていく方法は無限にある】

悩んでいる人
働きたくない。会社に行くのがつらいし、休みの日が待ち遠しい。仕事を辞めたいけど、お金は稼がなきゃいけないし……

 

こんな悩みに答えます。

本記事の内容

  • 働きたくない時は一旦休むのがおすすめ
  • 生きていく方法は無限にあります。そのうちおすすめ3つを紹介。
  • 働かない暮らしへの移行の手順

この記事を書いている私も現在無職のようなもので(収入はあります)、過去を振り返るとニート期間は合計3年くらいあります。

働かなくてもお金を得る方法は無限にあります。

この記事は、「これから働かない暮らしに移行したい方」向けに書きます。

働きたくない時は一旦休むのがおすすめ

働きたくないなら一旦休もう

なにはともあれ、まずは休みましょう。

あなたはきっと疲れています。

疲れていると脳はまともに働きません。

1日休む

さっそく明日休みましょう。

空白の1日を味わってください。

のんびりお昼ご飯を食べて、スーパーや図書館に行ってみましょう。

平日の昼間からのんびりしている人、意外といます。

特別な生き方ではありません。

少し休んだ後には、少し違った景色が見えるはずです。

数日、休む

数日間の有休を取って、旅行に行ったり家でのんびり過ごすのも良いでしょう。

ゆっくり頭を休めましょう。

脳が落ち着いてから未来のことを考えると、けっこう前向きに考えられるものです。

数ヶ月休む(休職)

休むには休職もアリでしょう。

退職したニートは数十日分の失業保険しか出ませんが、休職だと傷病手当が出ます。

休職しながら、人生についてゆっくり考えるのは、かなりアリ。

私も6ヶ月の休職をして、「自分に合った生き方をしよう」と退職しました。

「会社勤めしなきゃ」というマインドから「暮らせればいいか」マインドに移行すると、かなり人生イージーモードです。

一旦ニートになる

沖縄の海

会社を辞めて、一旦ニートになるのもおすすめです。

数ヶ月〜数年くらい休んでもいいんじゃないでしょうか。

海外移住や小屋暮らしで生活費を落とせば、数十万円の貯金でも長くニートをする方法はあります。

例えば小屋暮らしは土地をいくらで買うかにもよりますが、小屋自体は10万円強あれば作れます。

『自作の小屋で暮らそう』の高村友也さんは土地を68万円で購入し、10万円で小屋を建設。

毎月2万円で暮らしています。

例えばですが、500万円の貯金があれば、78万円で家を手に入れ、残りの422万円で高配当株を買って年利6%で運用すれば、月約2万円の配当収入がありますので、それだけで生活できます。

もしくは、月2万円程度であればセルフアフィリエイトで稼げますので、初期費用84万円のみ用意すれば、小屋暮らしニートを始められます。

ニート友達をつくろう

周りに「働かなくてもいい」という価値観の人がいると、生きているのが楽になります。

そもそも、「働いてないといけない」という価値観がここまで強いのは日本特有です。

海外だと仕事をせずに生きている人けっこういます。

「働かなくてもいい」価値観の人たちと過ごすようにしましょう。

私も、ニート時代はニー友とよく遊んでいました。

ニー友たちは、今ではそれぞれ、自分にストレスのない手段で稼ぐ方法を見つけているので、やはりニート期間は重要だと思います。

生きていく方法は無限にあります。そのうちおすすめ3つを紹介。

生きていく方法は無限にあります。そのうちおすすめ3つを紹介

その1.支出を減らす

先ほど紹介した小屋暮らしもそうですが、生活費を抑えれば、働く時間は極限まで減ります。

日本は住居費や固定費が高いです。

賃貸を借りてガス・電気・水道の契約をするだけで最低でも月々5〜6万円、都内だと7〜8万円は出ていきます。

その固定費を、小屋暮らしや、格安アパートに引っ越すことで減らし、支出を抑えられれば、選択肢はぐっと増えます。

実際に大原扁理さんは支出を落とすことで週休5日生活を実現しています。

隠居生活を送りたいならヒント満載の本です。

その2.お金が入ってくる仕組み=資産を作る

お金が入ってくるシステムを構築します。

例えば、不動産収入や株式の配当収入、ブログの広告収入もそうですね。

会社員ならば住宅ローンやアパートローンを組みやすいですから、不動産投資を始めるのはおすすめです。

私は会社員時代に不動産投資を始め、現在月40万円の利益があるので、そのお金で暮らせています。

その3.苦じゃないことでお金を稼ぐ

これも大事ですね。

会社員に向かない私のニート仲間たちは、占いライターであったり、DIYのお手伝いだったり、自分に合った方法で稼いでいます。

私の場合は、大工仕事や不動産物件を見に行くこと、が好きでしたので、不動産投資を始めました。

稼ぐ方法は、いろいろあります。

動画編集やリゾートバイトなど、苦じゃない人にとっては楽しい作業ではないでしょうか?

自分が「苦じゃない」作業で稼ぐ方法を探すのはおすすめです。

働かない暮らしへの移行の手順

働かない暮らしへの移行の手順

①まずは休もう。

休んで、落ち着いた脳で、「なぜ働きたくないのか」、「働くことの何が嫌なのか」を考えます。

その「嫌なこと」を取り除いた人生にするのです。

②行動を始めよう

嫌なことを取り除いた人生がぼんやり見え始めたら、それについて調べ始めましょう。

不動産投資なら関連書籍を読んだりして勉強を始めたり、動画編集なら仕事依頼を見てみるなど。

小屋暮らしに興味があるなら、本やYoutubeを見てみるのもおすすめです。

③移行開始

行動を始めて「いけるな」と思ったら、人生を移行させていきましょう。

少しでも早く、自分に合ったストレスのない人生をデザインしたいですよね。

まとめ

記事をまとめるとこんな感じです。

  • ・働きたくないなら、まず休もう
    ・休んで、働きたくない理由を考え、それを取り除いた人生に変えていこう
    ・働かないで生きていく方法3つ。①支出を減らす、②資産形成、③苦じゃないことで稼ぐ。

働きたくない、というのはおかしな感情ではありません。

私も普通に思っていました。

そして、働かない暮らしを目指して人生設計をしなおし、去年、実行しました。

働かない暮らしは実現できます。

単純に、毎月出ていくお金が用意できれば生きていけるんですから。

投資に興味がある方におすすめの記事

悩んでいる人 投資の勉強をしたいけど何から始めたらいいか分からない。 下手に始めると騙されたり損したりっていうイメージもあるんだよなあ…… こんな悩みに答えます。 本記事の内容 投資[…]

投資の基礎を最速で学ぶ方法

【FIRE】セミリタイア・アーリーリタイアのオススメブログ10選!

-PR-