退職代行とは【過去4回退職した私が利用価値と金額について考察】

退職代行とは【過去4回退職した私が利用価値と金額について考察】

悩んでいる人
退職代行ってどんなサービスなんだろう……?
会社を辞めたいけど、上司が怖いし、言い出せる職場でもないし、退職を代行してくれるなら、ちょっと検討したいな……

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • 退職代行とは【過去4回退職した私が利用価値と金額について考察】
  • 退職代行は今では当たり前のサービス
  • 利用した人の口コミは?
  • 退職を先延ばしにして失うものは大きい

本記事を書いている私は、過去4回の退職経験があり、退職を先延ばしにしたことで1年以上うつ状態で苦しんだことがあります。

ふたがわ
退職の先延ばしはリスクが大きいです。

退職代行とは【過去4回退職した私が利用価値と金額について考察】

退職代行とは、言葉の通り、本人の代わりに退職手続きを代行してくれるサービスです。

利用価値はあるのか?

正直、状況によると思います。

上司に「辞めます」とスパッと言える環境ならそれで終わり。

言えない状況なら代行サービスを使ってさっさと辞めるのはアリ

✔︎どんな人におすすめか

  • 会社を辞めたいけど職場的に言えない人
  • 上司が怖すぎる人
  • 今すぐ会社を辞めたい人

自分で「辞める」と言った場合、「引継ぎして」とか「次の人を募集するから」とか言って、ズルズル先延ばしにされることもありますので、今すぐ辞めたい方は代行サービスが即日辞めれるので便利かと。

費用は3〜5万円

退職代行サービスは沢山ありますが、費用はだいたい3〜5万円です。

退職代行のサービス自体はどこもそれほど変わりませんが、少しずつ強みが違います。

私が調べて「良いな」と思ったサービスは以下の3つ

退職代行SARABA25000円
弁護士の退職代行みやび50000円
退職コンシェルジュ(給付金受取サポート)

詳細については記事の後半で解説しています。

退職代行は今では当たり前のサービス

今や退職代行は当たり前のサービスになってきており、退職をする時の選択肢の1つです。

ふたがわ
日本は労働者の流動性が低いので、皆もっとバンバン辞めた方が社会のためにもなると思います。

退職代行を検討する人は約40%

退職代行の利用検討する人は約40%
※日本労働調査組合のアンケートより

退職代行サービスの認知率は6割を超えており、退職する際に利用を検討したい人は約40%にものぼります。

ふたがわ
想像していたよりも多かったです。
かなり普及しているんですね。

退職代行を使うのはクズ? →いいえ、普通の人です

「退職代行使う奴はクズ」とか言っている人もいますが、気にする必要はありません。

なぜなら、「退職希望者が自ら言い出せない環境」を作っていること自体、会社側・管理者側の落ち度だからです。
従業員は悪くありません。
「クズ」などと言う人は、恐らく2種類。「ブラック企業に務める人の気持ちが分からない外野の人」か、「言い出せない環境を作ってる管理者側の人」でしょう。
どちらも日本のブラック企業風土を増長させる側の人達ですので、気にしてはいけません。
ふたがわ
私も職場がブラックなら100%使っていたと思います

退職代行サービスを利用した人の口コミ

退職代行サービスを使った人の口コミを調べてみました。

ふたがわ
「辛すぎる職場を辞められて良かった」という意見が多数あり、「必要とされているサービス」だなと実感しました。

中には「優しい時もあったから、退職代行を使ったことを後悔している」という口コミもありましたが、「優しい時もあった」なんて、典型的なDV被害者の言葉です。

100%の悪なんて存在しません。
1%の優しさに罪悪感を抱く必要なんてありません。

大事なので繰り返し言いますが、「辞めたいけど言い出しづらい」のは会社側の落ち度です。

従業員のあなたが悪いのではありません。

ふたがわ
働く場所を選ぶのは当たり前の権利です。
自分の権利は使いましょう。

退職を先延ばしにして失うものは大きい

これは実際に私が退職を検討していた時に作ったリストです。

退職したら失うもの

  • 給料
  • 会社員という肩書(どんどん価値なくなっていってる)
ふたがわ
リストを見た結論は「要らないな」でした。

退職しなかった場合に失うもの

  • 健康(精神・身体面)
  • 30代の貴重な時間
  • 家族や友人と過ごす時間

私は今37歳ですが、若ければ若いほど、時間は貴重なように感じます。

なぜなら、若いほどに経験が及ぼす能力・価値観への影響が大きいから。

例えば、ブラック企業でずーっと勤めている人って、嫌な人が多い印象ないですか?
原因としては、ブラック企業での就労経験が価値観を形成していること、さらに長く嫌な思いをしていることで、精神的に卑屈になっていくからだと思います。

嫌な経験が自分にマイナスな影響を及ぼす前に、辞めた方がいいです。

ふたがわ
自分の心身に良い経験を積む方が絶対におすすめです。

有名どころの退職代行サービス

退職代行SARABA

費用 25000円
強み 24時間365日対応。労働組合なので会社と交渉可能。

退職代行サービスの中では安価であり、メディア掲載実績も多く安心感のある会社です。

 

こんな人におすすめ

  • 今すぐ辞めたい人
  • 安価で辞めたい人
24時間365日対応ですから「今すぐ辞めたい、明日から行きたくない」人はSARABAに相談です。

»退職代行SARABA公式サイトに移動します

 

弁護士の退職代行みやび

費用 50000円
強み 弁護士が対応。

みやびは弁護士が交渉してくれるので、パワハラやセクハラなど損害賠償が発生しそうな時におすすめ。

 

こんな人におすすめ

パワハラ・セクハラの損害賠償を考えている人

»弁護士の退職代行みやび公式サイトに移動します

給付金が分からない人には「退職コンシェルジュ」がおすすめ

会社を辞めた後には失業保険などの給付金が受け取れますが、「自分はどんな給付金を受け取れるのかよく分からない、調べる自信もない」という方には、退職コンシェルジュというサービスがおすすめです。

ふたがわ

給付金とか役所関係のことって、なんであんなに分かりづらくしてるんでしょうね?
皆に分かるようにしないと受け取れない人は絶対出ます。腹が立ちます。

あなたが受け取れる給付金を全額受け取れるようにサポートしてくれます。

無料WEB説明会、無料個別相談がありますので、話だけでも聞いてみるのもアリ。

»退職コンシェルジュ公式サイトに移動します

まとめ:退職代行は選択肢の1つ

この記事のポイントは以下です。

  • 退職代行は今や当たり前のサービス
  • 費用3〜5万円で即日会社を辞めれます
  • 「辞める」と言い出せない状況なら利用する価値あり
  • 退職を先延ばしにしたら失うものは大きい(特に健康面・時間)
  • 人生をリスタートする方法として退職代行はアリ

お金を使うことでサクッと苦しみから解放されて人生をリスタートできる退職代行は、かなりアリなサービスと思います。

我慢は美徳じゃなくて「時間のムダ」

日本では「我慢」を美徳として教わるからか、苦しい状況でも我慢して働き続ける会社員はすごく多いように思います。

私自信、長年サラリーマンとして働いていましたが、「胃潰瘍の跡がいくつもある」「救急車で運ばれたことがある」など、昭和を引きずる世代は不健康エピソードを勲章のように語っていて、かなり違和感を感じていました。
ふたがわ
マジで謎でした。アホかと思いました

労働環境が悪いのは会社の責任であって従業員の責任ではありません。

ですが、現状、我慢するのは従業員の側です。
そして、我慢は健康を害します

ふたがわ
私はストレスで子宮に腫瘍ができました

そもそも好きなこと・得意なことであれば「我慢」とは感じません。

楽しくて毎日やってしまいます。

ですから「我慢」と感じる時点で、苦手なことに時間を費やして人生をムダにしている可能性が高いです。

「我慢」と感じているなら、そんな職場はさっさと辞めるのが吉。

あまり深刻に考えず、サクッと人生をリセットして新しくスタートするのがおすすめです。

✔︎この記事で紹介したサービス

退職代行SARABA25000円
弁護士の退職代行みやび50000円
退職コンシェルジュ(給付金受取サポート)
関連記事

「働きたくないなあ……でも、どうすればいい? どうすれば、働かなくても生きていけるの?」 こんな悩みに答えます。 本記事の内容 【経験談】働きたくない人はどうすればいい?働かずに生きる方法3選 不労所得の作り[…]

【経験談】働きたくない人はどうすればいい?働かずに生きる方法3選
-PR-